消化管/肺原発の進行性非機能性神経内分泌腫瘍(NET)にmTOR阻害剤であるエベロリムスが有効であることが明らかとなった。エベロリムス+支持療法(BSC)群(エベロリムス群)とプラセボ+BSC群(プラセボ群)を比較したフェーズ3試験RADIANT-4の結果、示されたもの。9月25日から29日までオーストリア・ウィーンで開催されているEuropean Cancer Congress 2015(ECC2015)で、米The University of Texas MD Anderson Cancer CenterのJames Yao氏によって発表された。

ログインして全文を読む