非小細胞肺癌の2次治療もしくは3次治療として、抗PD-L1抗体atezolizumab単剤はドセタキセルに比べて、生存を有意に改善することが、ランダム化フェーズ2試験POPLARで明らかになった。またPD-L1高発現の患者ではより生存は改善されることも示された。9月25日から29日までオーストリア・ウイーンで開催されているEuropean Cancer Congress(ECC2015)で、ベルギーUniversity Hospitals KU LeuvenのJohan Vansteenkiste氏らが発表した。

ログインして全文を読む