ALK陽性進行非扁平上皮肺癌(NSCLC)患者のファーストライン治療として、クリゾチニブと化学療法を比較したフェーズ3のPROFILE1014試験から、ベースラインで脳転移を有する患者においても、クリゾチニブは無増悪生存期間(PFS)や奏効率を改善し、脳内の病勢もコントロールすることがわかった。米国デンバーで9月6日から9日まで開催された第16回世界肺癌学会(WCLC2015)で、オーストラリアPeter MacCallum Cancer CentreのBenjamin J. Solomon氏が発表した。

ログインして全文を読む