ペメトレキセドとカルボプラチン併用療法およびペメトレキセド維持療法は、治療歴がない高齢の非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)患者において、有効性と忍容性が認められることがフェーズ2試験で明らかになった。この結果をもとにすでにフェーズ3試験が実施されている。米国デンバー市で9月6日から9日まで開催された第16回世界肺癌学会(WCLC)で、大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター肺腫瘍内科の田宮基裕氏らが発表した。

ログインして全文を読む