進行癌の小児および若年患者において、全ゲノム配列の結果を用いることで、およそ半数では治療の変更や遺伝相談など、個々の患者に合わせた治療(precision medicine)の選択に役立つことが明らかになった。米Michigan大学病院(University of Michigan Health System)が9月1日に発表した。この成果はJournal of the American Medical Association(JAMA)誌9月1日号に掲載されている。

ログインして全文を読む