米国Mayo Clinicは8月31日、IV期の大腸癌で肝転移を有する患者について、原発巣と肝転移巣の同時切除と異時切除の転帰を詳細に比較し、結果がJournal of Gastrointestinal Surgery誌8月号に掲載されたと発表した。

ログインして全文を読む