低リスクの前立腺癌におけるactive surveillance(積極的な監視療法)で、前立腺癌による死亡や転移した割合は低いことが、米Johns Hopkins病院が行っているActive Surveillance Programの15年間の長期結果で明らかになったと、Johns Hopkins Medicineが8月31日に発表した。この成果はJournal of Clinical Oncology誌電子版8月31日号に掲載された。

ログインして全文を読む