ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性乳癌の術後補助療法として、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬palbociclibの大規模フェーズ3試験、Palbociclib Collaborative Adjuvant Study(PALLAS)が開始されることが明らかになった。Alliance Foundation Trials(AFT)とAustrian Breast and Colorectal Cancer Study Group (ABCSG) 、米Pfizer社が8月26日に発表した。試験には日本も参加する。

ログインして全文を読む