中外製薬は、抗PD-L1抗体のatezolizumab(MPDL3280A)が、PDL1陽性の局所進行または転移性の非小細胞肺癌(NSCLC)患者の腫瘍を縮小し、主要評価項目を達成した大規模フェーズ2国際試験であるBIRCH試験に、日本人患者も含まれていることを明らかにした。

ログインして全文を読む