悪性神経膠腫の小児患者では、手術で可視性の腫瘍をすべて摘出できれば生存期間が延長することが、レトロスペクティブな検討から示された。詳細は、米国脳神経外科コングレス(Congress of Neurological Surgeons)のオフィシャルジャーナルであるNeurosurgery誌9月号に掲載され、オンライン版は8月18日より閲覧可能となっている。

ログインして全文を読む