米Seattle Genetics社は8月17日、ブレンツキシマブ ベドチンが、再発もしくは増悪リスクの高い古典的ホジキンリンパ腫を対象に、自家造血幹細胞移植(auto-HSCT)後の地固め療法として、米国食品医薬品局(FDA)から正式承認されたと発表した。

ログインして全文を読む