米Onconova Therapeutics社は、2015年8月13日、ハイリスクの骨髄異形成症候群(HR-MDS)で、脱メチル化薬(HMA)が奏効しなかった患者を登録し、rigosertibを静脈内投与する無作為化フェーズ3試験の治験申請を米食品医薬品局(FDA)に提出したと発表した。

ログインして全文を読む