スイスHoffmann-La Roche社は8月12日、BCL-2阻害薬venetoclaxのフェーズ2試験M13-982で、17番染色体短腕(17p)欠失の再発もしくは難治性慢性リンパ性白血病(CLL)患者において抗腫瘍効果が認められ、主要評価項目を達したと発表した。

ログインして全文を読む