エーザイは、同社の分子標的型抗癌剤であるレンバチニブと免疫チェックポイント阻害薬の併用療法開発の可能性があることを明らかにした。7月31日に開催された2015年度第1四半期決算説明会の質疑応答の中で明らかにしたもの。同社執行役の大和隆志氏は、「科学的に意味のある併用だと思う」と語った。

ログインして全文を読む