米Amgen社は7月24日、1から3ラインの前治療を受けた再発多発性骨髄腫を対象に、プロテアソーム阻害薬carfilzomibとレナリドミド、デキサメタゾンの併用療法(KRd)が米国食品医薬品局(FDA)から承認されたと発表した。

ログインして全文を読む