切除不能進行・転移固形癌に対し、VEGFRなどに対するマルチキナーゼ阻害薬レンバチニブとMET阻害薬golvatinibの併用療法は忍容性があり、抗腫瘍効果も期待できることが、フェーズ1b試験で示された。7月16日から18日まで札幌市で開催された第13回日本臨床腫瘍学会学術集会で、エーザイ株式会社筑波研究所オンコロジー創薬ユニットの中川学之氏らの研究グループが発表した。

ログインして全文を読む