骨髄異形成症候群(MDS)と慢性骨髄単球性白血病(CMML)に対し、panobinostatとアザシチジン併用療法は安全に投与できることが、国内フェーズ1b試験で明らかになった。7月16日から18日まで札幌市で開催されている第13回日本臨床腫瘍学会学術集会で、神戸大学医学部附属病院腫瘍・血液内科の藥師神公和氏らが発表した。

ログインして全文を読む