進行非小細胞肺癌(NSCLC)の2次治療として、抗VEGFR-2モノクローナル抗体ラムシルマブとドセタキセル併用療法はドセタキセル単独に比べて有効であることが、国内多施設共同ランダム化二重盲検フェーズ2試験JVCGで確認された。7月16日から18日まで札幌市で開催されている第13回日本臨床腫瘍学会学術集会で、がん感染症センター都立駒込病院呼吸器内科の細見幸生氏らが発表した。

ログインして全文を読む