進行・再発の大腸癌へのTAS-102の効果は、レゴラフェニブの投与経験のある患者とない患者で差がないことが明らかとなった。TAS-102とプラセボを比較した国際共同フェーズ3試験RECOURSEの最新の解析の結果、示されたもの。7月16日から18日まで札幌市で開催されている日本臨床腫瘍学会で、国立がん研究センター東病院の吉野孝之氏によって発表された。

ログインして全文を読む