胆道癌患者の長期成績の検討から、胆道癌に対する術後補助化学療法は安全に施行可能であり、全対象では予後の延長が示されなかったが、リンパ節転移陽性例では生存期間の延長が示され、また遠位胆管癌症例には術後補助化学療法が有効である可能性が示された。7月15日から17日まで浜松市で開催されている第70回日本消化器外科学会総会で、信州大学医学部外科学講座(外科学第一)の小林聡氏が発表した。

ログインして全文を読む