動脈接触Borderline resectable膵癌(BR-A膵癌)に対する術前GS(ゲムシタビン+S-1)化学療法は、術後合併症を増加させることなく長期生存に寄与する可能性があることが、レトロスペクティブな検討から示された。同検討では、術前GS化学療法で腫瘍マーカーが正常化する患者に積極的外科的切除を施行する意義が大きい可能性も示唆された。7月15日から17日まで浜松市で開催されている第70回日本消化器外科学会総会で、広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門外科の村上義昭氏が発表した。

ログインして全文を読む