米Exelixis社は7月13日、進行・転移膀胱癌を含む泌尿生殖器癌において、MET、VEGFR、RETなどのチロシンキナーゼの活性を阻害する経口剤cabozantinibと抗PD-1抗体ニボルマブの2剤併用療法、およびcabozantinibとニボルマブ、抗CTLA-4抗体イピリムマブの3剤併用療法のフェーズ1試験を開始すると発表した。

ログインして全文を読む