HER2陽性進行再発乳癌患者に対するペルツズマブ療法の検討から、4次治療以内のより早い治療ポジションでペルツズマブを使用することにより、良好な治療効果を認めることが示された。7月2日から4日まで東京都で開催された第23回日本乳癌学会学術総会で、熊本市民病院乳腺内分泌外科の奥村恭博氏が発表した。

ログインして全文を読む