RAS遺伝子野生型進行大腸癌に対して、FOLFIRI+セツキシマブを行って病勢安定(SD)以上の効果が認められた患者に、増悪後セツキシマブ+FOLFOXを投与することが、一部の患者では有効である可能性が明らかとなった。無作為化フェーズ2試験CAPRI-GOIMの結果、示されたもの。7月1日から4日までスペイン・バルセロナで開催されたESMO 17th World Congress on Gastrointestinal Cancer(WCGC2015)で、イタリアSeconda Universita degli Studi di NapoliのF. Ciardiello氏によって発表された。

ログインして全文を読む