BRAF V600E変異を有する進行大腸癌に、抗EGFR抗体パニツムマブ(P)とMEK阻害薬trametinib(T)、BRAF阻害薬dabrafenib(D)の併用が有効である可能性が明らかとなった。フェーズ1/2試験で有望な結果が得られたもの。7月1日から4日までスペイン・バルセロナで開催されたESMO 17th World Congress on Gastrointestinal Cancer(WCGC2015)で、ベルギーUniversity Hospitals LeuvenのE. Van Cutsem氏によって発表された。

ログインして全文を読む