米Tokai Pharmaceuticals社は6月24日、経口低分子アンドロゲン受容体(AR)情報伝達阻害薬galeteroneについて、転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)で腫瘍がARスプライスバリアント7のmRNA(AR-V7)を発現している患者を対象に、フェーズ3のARMOR3-SV試験を開始したと発表した。同社は、AR-V7 clinical trialアッセイの構成要素は提携先であるドイツQiagen社により決定されていること、アッセイの世界的な展開を現在進めていることも明らかにした。

ログインして全文を読む