米Eli Lilly社は、ベースラインのαフェトプロテイン(AFP)値が上昇している進行肝細胞癌を対象に、抗VEGFR2抗体製剤であるラムシルマブを投与する新たなフェーズ3試験REACH-2を近く開始する。

ログインして全文を読む