ドイツBayer社は6月17日、汎クラス1PI3K阻害薬でPI3K-δとPI3K-αに顕著な阻害効果を示すcopanlisibについて最新の開発状況を公表した。2015年5月からリツキシマブ難治性の低悪性度非ホジキンリンパ腫(NHL)を対象にしたフェーズ3試験、CHRONOS-2の患者登録が開始された。

ログインして全文を読む