米University of Nebraska Medical CenterのCollege of Public Health疫学部のK.M. Monirul Islam氏らは、地域住民を対象としたコホート研究を行い、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、糖尿病、うっ血性心不全などの併存疾患を有する肺癌患者は、併存疾患を有さない患者と比べて死亡のリスクが上昇することを明らかにした。詳細は、American Association for Cancer ResearchのCancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention誌に掲載された。

ログインして全文を読む