転移を有する腎細胞癌(mRCC)患者では、増悪(PD)後にチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)を増量することにより、腫瘍径の減少につながり、治療期間が延長できる可能性があることが、レトロスペクティブな検討から示された。5月29日から6月2日まで米国シカゴで開催された第51回米国臨床腫瘍学会(ASCO2015)で、米Cleaveland Clinic Taussig Cancer InstituteのMoshe Chaim Ornstein氏が発表した。

ログインして全文を読む