前治療3ライン以上、もしくはプロテアソーム阻害薬(PI)と免疫調整剤(IMiD)の両方に抵抗性の多発性骨髄腫に対し、抗ヒトCD38モノクローナル抗体daratumumabの16mg/kg単剤投与は、深い奏効が認められ、優れた忍容性も示されたことが、フェーズ2試験MMY2002(Sirius)で明らかになった。米国Winship Cancer Institute, Emory UniversityのSagar Lonial氏らが、5月29日から6月2日までシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO2015)で発表した。

ログインして全文を読む