米国泌尿器科学会年次総会(AUA)のPlenary Sessionで、アンドロゲン受容体阻害薬エンザルタミドの前立腺癌を対象としたフェーズ2試験、STRIVEの詳細データが発表された。アステラス製薬が5月18日に発表した。同社は4月3日に、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)の結果について公表していたが、今回、副次評価項目、サブグループ解析の結果が発表された。

ログインして全文を読む