ノバルティス ファーマは4月27日、BRAF V600遺伝子変異を有する悪性黒色腫の治療薬として、BRAF阻害薬dabrafenibとMEK阻害薬trametinibの2剤について、厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表した。2剤は、3月のグラクソ・スミスクラインの癌領域事業の移管により、ノバルティスに譲渡された製品。

ログインして全文を読む