大腸癌イレウス症例において、modified Glasgow Prognostic Score(mGPS)は予後予測指標として有用であり、mGPS 2点は病期や手術根治度によらず、独立した予後不良因子と考えられることが示された。4月16日から18日まで名古屋市で開催された第115回日本外科学会定期学術集会で、富山大学消化器・腫瘍・総合外科の小島博文氏が発表した。

ログインして全文を読む