ホルモン抵抗性前立腺癌に対し、低用量エストラムスチンはPSA奏効を示し、通常量と同程度の効果が期待でき、かつ有害事象の頻度は少ない可能性が、多施設前向きフェーズ2試験の中間報告で示された。4月18日から21日まで金沢市で開催されている第103回日本泌尿器科学会総会で、京都大学大学院医学研究科泌尿器科学の井上貴博氏らが発表した。

ログインして全文を読む