筋層浸潤膀胱癌に対し、ゲムシタビンとカルボプラチンによる術前化学療法を行うことで、手術単独に比べて、局所再発とリンパ節転移に有意な減少が認められることが、単施設での後ろ向き解析で明らかになった。4月18日から21日まで金沢市で開催されている第103回日本泌尿器科学会総会で、弘前大学大学院医学研究科泌尿器科学講座の田中芳美氏、古家琢也氏らが発表した。

ログインして全文を読む