浸潤性膀胱癌で、膀胱全摘除術を受けた患者において、術後の筋肉量の低下と入院期間が相関しており、1年後でも筋肉量の改善が見られない患者が多いことが明らかになった。4月18日から21日まで金沢市で開催されている第103回日本泌尿器科学会総会で、順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学の青木裕章氏らが発表した。

ログインして全文を読む