消化器癌患者の術前の栄養評価指標である小野寺のPrognostic Nutritional Index(PNI)は、緩和医療においても、緩和手術施行後の予後やリスクを把握しておくための指標となる可能性が示された。4月16日から18日まで名古屋市で開催された第115回日本外科学会定期学術集会で、福井大学第一外科の廣野靖夫氏が発表した。

ログインして全文を読む