高リスクの上部尿路上皮癌に対し、MVAC療法による術後補助化学療法はGC療法や無治療に比べて予後を改善することが、多施設共同後ろ向き研究で明らかになった。4月18日から21日まで金沢市で開催されている第103回日本泌尿器科学会総会で、埼玉医科大学国際医療センター泌尿器腫瘍科の城武卓氏が発表した。

ログインして全文を読む