Borderline resectable以上の局所進行膵癌「Beyond the borderline resectable pancreatic cancer(BBRPC)」に対し、ネオアジュバントFOLFIRINOX療法は有効と考えられる結果が示された。4月16日から18日まで名古屋市で開催されている第115回日本外科学会定期学術集会で、埼玉医科大学総合医療センター肝胆膵外科の二宮理貴氏が発表した。

ログインして全文を読む