米Puma Biotechnology社は、活性化HER2遺伝子変異を有する固形腫瘍患者を対象とした、経口チロシンキナーゼ阻害薬PB272(neratinib)単剤のフェーズ2試験において、コホートを拡大したと発表した。拡大されたコホートには、HER2遺伝子変異がある転移性非小細胞肺癌(NSCLC)患者が含まれている。

ログインして全文を読む