国立がん研究センターは4月9日、同センター中央病院小児腫瘍科で、小児のハイリスク神経芽腫を対象に分化誘導療法薬の医師主導治験を同日より開始すると発表した。

ログインして全文を読む