びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)患者において、血中循環腫瘍細胞のDNA (circulating tumor DNA:ctDNA)を測定することで、CT画像による診断以前に、再発を予測できることが明らかになった。National Cancer Institute(NCI)の研究者らによる成果で、Lancet Oncology誌電子版4月2日号に発表された。

ログインして全文を読む