早期トリプルネガティブ乳癌(TNBC)にアジュバントとしてドセタキセル+シクロホスファミド(TCレジメン)4サイクルでは、不十分である可能性が明らかとなった。四国がんセンターでTCレジメン4サイクルを行った患者の予後と安全性について評価した結果、多変量解析でハザード比がTNBCで有意に悪いことが示されたもの。3月18日から21日までオーストリアのウィーンで開催された14th St. Gallen International Breast Cancer Conference Primary Therapy of Early Breast Cancerで、四国がんセンターの原文堅氏によって発表された。

ログインして全文を読む