米Amgen社は、3月30日、再発多発性骨髄腫で治療歴がある患者の治療薬として、プロテアソーム阻害剤carfilzomibの適応追加申請(sNDA)を米食品医薬品局(FDA)が受理したと発表した。今回のsNDAは、carfilzomibに対する迅速承認から完全承認への切り替えを支持し、現在の適応を拡大することを目指すもの。受理の一環として、FDAはcarfilzomibに優先審査を適用し、PDUFA(Prescription Drug User Fee Act)に基づく審査終了目標日は2015年7月26日とされた。

ログインして全文を読む