大鵬薬品工業は、3月20日、進行・再発の結腸・直腸癌に対する経口ヌクレオシド系抗悪性腫瘍剤TAS-102(トリフルリジン・チピラシル塩酸塩)について、同日付けで厚生労働省から迅速審査によって効能・効果の一部変更承認を取得したと発表した。

ログインして全文を読む