米国臨床腫瘍学会(ASCO)は3月17日、年次報告書「The State of Cancer Care in America:2015」をJournal of Oncology Practiceで発表し、議会でもブリーフィングを行った。同報告書では、米国の癌治療システムの現状が記録されるとともに、オンコロジー領域における労働人口の動向や、治療と治療へのアクセスに影響する診療環境が検討されている。

ログインして全文を読む