低栄養胃癌手術患者の術前栄養は、経口摂取を含む栄養量が標準体重×25kcal以上で、10日間以上必要であることが、術後感染性合併症の発生率の比較から明らかになった。大阪医療センター外科の福田泰也氏が、3月4日から6日まで広島市で開催されている第87回日本胃癌学会総会で発表した。

ログインして全文を読む