胃癌に対し、内視鏡手術支援ロボットda Vinci Surgical System(以下、ダヴィンチ)による胃切除術では、腹腔鏡下胃切除術と比較して術後合併症発生率が有意に低下し、切除範囲とリンパ節郭清範囲を拡大しても成績は安定していることが、単施設後向きコホート研究から示された。ダヴィンチによる胃切除術は先進医療Bに承認され、多施設共同前向き単群試験が進行中である。

ログインして全文を読む