米Amgen社と子会社のOnyx Pharmaceuticals社は3月1日、再発多発性骨髄腫患者において、プロテアソーム阻害剤carfilzomibと低用量デキサメタゾン併用は、ボルテゾミブと低用量デキサメタゾン併用に比べて、有意に無増悪生存期間(PFS)を延長し、主要評価項目に達したことが、ランダム化フェーズ3試験ENDEAVORの中間解析で明らかになったと発表した。

ログインして全文を読む